三ッ口谷出合にて

2006/3/5

鈴鹿・御在所岳〜鎌ガ岳

メンバー:会員1名

コースタイム:


御在所岳・中道から見た鎌ガ岳
御在所山頂付近から藤原岳遠望
鈴鹿スカイラインはまだ通行止めなので、湯ノ山の駐車場に車を置いて、今回は「中道」から御在所岳(1212m)に登った。

登山口には雪が無く40分ほど登った辺りから雪が出て来た。北側斜面には凍結している所もあったがアイゼン無しで頂上まで登った。

山頂一帯では、御在所名物の見事な霧氷が見られた。いったん武平峠まで下ってから鎌ガ岳(1161m)の登りに掛かる。

北向きの尾根には残雪も多く、頂上直下のガリーの中は凍っていた。

鎌ガ岳からは三ッ口谷を下ることにし、頂上から沢まで樹林帯の中の急坂を真っ直ぐに降りたが、雪が硬くて結構苦労させられた。アイゼンを付けた方が安全で楽ができる所では余り面倒がらないことだと反省する。
鎌ガ岳山頂から見た雨乞岳
霧氷:いずれも御在所岳山頂付近にて
湯ノ山・登山口(7:50)〜御在所岳(9:40−50)〜武平峠(10:40)〜鎌ガ岳(11:40−12:00)
〜三ッ口谷(12:30)〜登山口(13:50)

コースタイム: